まえおき

565. 男性の乳ガン

564. パピローマウイルスと皮膚ガン

563. 麻疹の母子免疫は生後半年で消失

562. 1型糖尿病患者はエンテロウイルスの感染率が高い

561. アフリカでエイズにより壮年世代が減少

560. 無煙タバコは禁煙に効果なし

559. 歯磨きの回数と心疾患との関連

558. 西洋食とアデノウイルスが肥満の原因

557. グルコサミンとコンドロイチンで関節痛は緩和せず

556. ロシアでポリオの感染者

555. E型肝炎ワクチンの予防効果は100%

554. リュウゼツランに骨粗鬆症改善

553. 染毛剤や喫煙と肝硬変との関係

552. ニトログリセリンで前立腺ガン治療

551. 経口グルコサミンの腰痛軽減への効果なし

550. ビタミンAが慢性C型肝炎の治療を増強

549. バナナでHIVを予防

548. 家庭用精子数検査キット

547. レオウイルスで前立腺ガンの治療

546. パイプや葉巻で肺疾患のリスク2倍

545. イラクで乳がんが増加

544. アルツハイマー病の治療に新たな可能性

543. 宇宙船内の微生物汚染

542. 塩分やっぱり日本人の3大死因の引金

541. Hib (b型インフルエンザ菌)による感染症

540. 間質性肺炎とはどんな病気か

539. 肛門周囲湿疹患者の局所の洗浄法

538. チフス菌の治療抵抗性と胆石との関係

537. 変異型クロイツフェルト・ヤコブ病のその後

536. シャワーヘッドが細菌の住み家

535. ヒトパピローマウイルスと発ガン

534. 緑膿菌の感染で爪が緑色に変化

533. イグ・ノーベル賞授賞式に参加して

532. アジア系女性乳ガンの低い発症率

531. 母親の口腔細菌が胎児より検出

530. 熱いお茶は食道ガンのリスクを高める

529. ブロッコリーは喘息など有効

528. アルコール飲料の功罪2題

527. 高齢者が新型インフルエンザに罹りにくい理由

526. 旅行者下痢症の予防にプロバイオティクス

525. 解りにくい医療用語

524. メキシコにブタ型インフルエンザの死者集中の謎

523. A型ボツリヌス毒素が前立腺肥大症に有効

522. 宇宙飛行士の骨強度が低下

521. 子宮ガンウイルスでノーベル賞

520. コンタク洗浄保存液によるフサリウム菌角膜炎

519. 喘息の増悪因子としてのカゼウイルス

518. BKウイルス腎症の新尿検査法

517. ツベルクリンより高精度の結核の検査

516. HIVと結核の複合感染

515. レジオネラ菌による環境汚染

514. プロバィオティクス

513. 登山で脳のタンパクに環境変化

512. 今年のインフルエンザ流行

511. 旅行者下痢症に朗報

510. 肺炎球菌ワクチンの効果

509. HIVの異性間感染が多い

508. アルツハイマー病のワクチン

507. 口腔内乾燥は虫歯の温床

506. 胃ガン予防にピロリ除菌が有効

505. インフルエンザウイルスはアジアが起源

504. 脳腫瘍がウイルスで治せる

503. 銀塗布気管内チューブで肺炎減少

502. 大麻・マリファナの副作用

501. 子は親の鏡

500. 曖昧模糊500話題記念号 −北里柴三郎博士のヒラメキ

499. ザンゴウ熱原因菌に近縁の新細菌発見

498. 古細菌が海底に大量に生息

497. ニコチンが肺ガンの治療阻害

496. 携帯電話と癌リスク

495. マリファナが肺ガンの危険因子

494. HIV感染者と腎移植患者で高い発癌率

493. 牛乳の細菌がクローン病の原因

492. E型肝炎ウイルス 妊婦と胎児に悪影響

491. 肥満にウイルスが関与

490. 牛乳やチーズは血圧を下げる

489. クラミジア感染が不妊の原因

488. 北京の下水でメダカに異常

487. 第三大臼歯の抜歯と関節炎

486. パソコン通じノロウイルスの集団感染

485. ソフトドリンクとメタボリツク症候群

484. 緑茶カテキンに抗ガン効果

483. 毒ヘビとラベンダー

482. 天然痘の脅威が再来

481. 糖尿病性潰瘍のウジ療法

480. 結核の知識に乏しい研修医

479. オゾン式空気清浄機の効果

478. 食の安全と対価

477. 感染源になりやすい親知らず歯

476. 太極拳で高齢者の帯状疱疹を予防

475. 白斑(白なまず)と自己免疫疾患

474. 松葉杖のサッカー選手

473. ピロリ菌は家族内感染

472. 歯は健康のバロメーター

471. 5000万件の該当者なしの年金記録

470. ウナギの蒲焼とマラカイトグリーン

469. 多発性硬化症MSの増加

468. ミートホープ社が創意工夫功労者賞を受賞

467. 電子レンジは強力な殺菌ツール

466. 飲酒・喫煙と大腸ガン

465. 関東の大学でハシカが流行

464. ドイツでもノロウイルスが猛威

463. 携帯電話と発癌

462. 口腔洗液「リステリン」の名前の由来

461. オリーブオイルと発癌

460. ネズミチフス菌でスズメが大量死

459. EBウイルスの抗体が高い若者と多発性硬化症

458. 歯周病菌の心疾患や糖尿病との関係

457. ココアは血圧や心血管疾患に健康作用

456. MRSAに有望なワクチンと新薬

455. インフルエンザの新薬発見

454. コーヒーに肝硬変の保護作用

453. 虫歯を予防する細菌入りガム

452. 糞便のウイルス量

451. 日本人男性のY染色体

450. 病名に名を残した野球選手ルー・ゲーリッグ

449. インフルエンザの流行対策

448. ガムをかんでガンを予防

447. 梅毒は増加、りん病は減少

446. 肺炎球菌ワクチンで肺炎による死亡が減少

445. インフルエンザ患者に紙マスク

444. 炭疽菌毒素の阻害剤

443. 麻疹による小児の死亡が減少

442. 米国産牛肉に対する不安

441. 小児の胃腸炎用ワクチン

440. 食由来感染症と食の安全

439. 細菌で汚染されるアメリカの海辺

438. ソフトコンタクトと感染

437. 家庭からの二酸化炭素の排出量

436. 無重力の宇宙空間での生体反応

435. 口腔内の細菌が全身病の原因

434. 新しい神経系(?)のトスカーナウイルス

433. 「産科医の逮捕と起訴」で考える

432. 微生物管理機構ホームページの利用度

431. ボツリヌス毒素と三叉神経痛

430. 微生物の音色−2

429. 微生物の音色−1

428. 40年ぶりに新結核薬の誕生

427. 脳炎を起こすニパウイルスによる感染症

426. 腸内有用菌の意外な機能

425. 子宮ガンをワクチンで予防

424. 長寿の秘訣

423. 麻疹ワクチンと脳炎

422. 米国人は本当にいい加減?

421. インフルエンザの治療薬

420. 「安全と信用」米国産牛肉問題に寄せて

419. 口腔ケアの重要性

418. 歴史に学べ、人体実験に寄せて

417. ノーベル賞に輝いたピロリ菌

416. 米国産牛肉を食べますか

415. C型肝炎ウイルスの培養

414. 3〜4才児がインフルエンザ流行の発端

413. メガネのフレームと顔面感染症

412. 血液型とウイルス性胃腸炎

411. ブタのレンサ球菌について

410. 高齢者の帯状疱疹とワクチン

409. 肥満(BMI)とCRP

408. ブタのレンサ球菌による集団感染

407. 母親の喫煙の胎児への影響

406. 住環境の微生物

405. 手についたウイルスの有効な除去法

404. 肥満とインフルエンザ

403. 米国で二例目のBSE

402. 足の臭いと細菌−実験しました

401. 炎をだして燃える地球最後の燃料

400. 東京大学教授・加我君孝著「北里柴三郎生誕150年」

399. レジオネラ菌と生活水汚染

398. EBウイルスと子宮ガン

397. ゴキブリと喘息

396. 慢性C型肝炎−油断は禁物

395. 細胞培養の基礎知識

394. 血液凝固系をハイジャクする細菌

393. 中国の若者よ、世界の中国人たれ!

392. HIV感染者の25%に骨粗しょう症

391. 米国産牛肉は科学的に安全

390. かぜウイルスの注射でポリオになる

389. 無菌ウジで傷口感染の減少

388. 歯科用充填材の水銀問題

387. 自衛隊員の迷彩服についての疑問

386. 変異型ヤコブ病の日本人初症例について

385. 風邪とインフルエンザ

384. 新たなサル由来ウイルスの人集団への導入

383. 赤ワインで前立腺癌リスク低下

382. SARSワクチン2題

381. 糞便中のピロリ菌の検査

380. 森村薫の怒涛

379. 尿中のレジオネラ菌の検査

378. イワシのヘルペス病

377. 変異型ヤコブ病(vCJD)輸血や内視鏡が原因

376. A型ボツリヌス毒素の効用

375. 大豆サプリメントの効果

374. 歯の漂白剤と口腔癌

373. コイヘルペスウイルスはどこから来た

372. 冷水摂取による体重減少

371. 牛肉検査が変更される

370. リストラと心血管障害

369. 航空機乗務員の腫瘍リスクの上昇

368. ピロリ菌の薬剤耐性化

367. 英国に変異型ヤコブ病患者が多数存在

366. インフルエンザワクチンの備蓄

365. オーラルセックスと扁桃腺ガン

364. 増加する野生鹿とライム病

363. 細菌によるヨーネ病とクロン病

362. 眼のウイルス感染

361. ワクチンと刺身は同じか

360. まな板の消毒法

359. インフルエンザワクチンの大量回収によせて

358. トリ肉の細菌による汚染防止策

357. 「米農務省の食肉安全対策について」を読んで

356. 米農務省の食肉安全対策

355. 動物由来の感染症

354. 輸血とヤコブ病

353. ネギ科野菜と前立腺癌

352. 女性の性器カンジダ症

351. 鳥インフルエンザを考える

350. 虫歯の細菌

349. ピロリ菌とお茶

348. アルツハイマー病のワクチン

347. SARSの死亡率と大気汚染

346. 同性愛者と性感染症

345. この冬はインフルエンザが猛威

344. ノロウイルスと胃腸炎

343. 脳性まひとボツリヌス毒素

342. 蚊取り線香の煙は安全ですか

341. ヤセ薬による肝臓障害

340. ダニ不透過性のベッドカバーはダニアレルギーに有効

339. ワクチンで痴呆の予防が可能

338. 原子力発電の功罪

337. 科学解説のプロの養成

336. 豪華客船とレジオネラ菌

335. 罹ると怖いウイルス性出血熱

334. プレリードッグと野兎病

333. アスピリンと黄色ブドウ球菌

332. 水素自動車の水素の値段

331. 生カキを安全に食べる対策

330. 糖尿病と痴呆

329. 麻疹ワクチン接種者にハシカの発症者

328. 西ナイルウイルス感染者の症状

327. 風疹ワクチン接種率の低下

326. A型肝炎の感染源

325. サリドマイドのSLEへの適用

324. SARSのインパクト

323. 慢性C型肝炎の人種差

322. 公衆浴場のレジオネラ菌対策

321. 役人の責任転嫁法

320. 男社会に嫌気がさしたとき(完全紹介文)

319. 浴槽からレジオネラ菌が飛散する

318. 微生物管理機構の旗揚げ

317. XX学講座への反響

316. 公的研究助成金の適正使用

315. イチョウ葉エキスに効果なし

314. 子宮ガンのワクチン実用化近し

313. XX学講座のこんな社長がいました

312. 検疫なしの輸入ペット

311. ハトやカラスが病原性大腸菌を保有

310.冬の食中毒

309.セラチア菌がサンゴを食いつくす

308.火を考える

307.航空機内でカゼになる率

306. 乳香はぜんそくに効く

305. 企業の特許申請

304. 業績と人物の評価

303. 園芸用土や堆肥からレジオネラ菌が感染する

302. ノーベル賞受賞者と知的所有権

301. ペストに命をかけて闘った石神亨のその後

300. 北里柴三郎博士生誕150年

299. ヒトの病気が野生動物に感染

298.「なにかおかしいぞ、日本」私の主張−10

297. コンタクトレンズとアメーバ感染

296. 食塩を分解する細菌はいますか

295. 家庭でもできる二酸化炭素の削減

294. 空気清浄器によるアレルゲンの除去

293. 長時間飛行とインフルエンザ

292.ダウン症候群の人たちへ朗報

291.シカ肉からO157感染

290.乾燥に強いセラチア菌

289.とこずれと栄養

288.「なにかおかしいぞ、日本」私の主張−9

287. 不老長寿の遺伝子は存在する

286.長時間飛行と感染症

285. 電解水の大きな間違い

284.ドアの取っ手からも感染する

283.ペストと命をかけて闘った軍医石神亨

282 ブラックバスの生食は危険

281.厚生労働省BCG再接種を廃止

280. 結核の予防液BCGは有効か

279.旅行者血栓症(エコノミークラス症候群)の予防

278.温暖化とウイルス感染

277.生ゴミ処理機が作る堆肥

276.テロ事件に関する対応

275.再掲「ダマシ上手は商売上手」は本当か?

274.成人にハシカの流行

273.ガンを破壊する新しい細菌治療法

272. アレルゲンを減らす方法

271. ナシ栽培者の花粉症

270. ペットからのカビ感染例

269.フランスの料理とプリオン

268.染毛剤の人体への影響

267.狂牛病、国内二頭目

266.高校生や大学生からのメール

265.手洗いがカゼを少なくする

264 「なにかおかしいぞ、日本」私の主張−8

263.破傷風菌は土壌中の常在菌

262.農産物を輸入することは外国に土地を購入したこと

261.日本政府の呆れた狂牛病対策

260.狂牛病の政府発表が判らない

259.世界貿易センタービルの崩壊について

258.役に立つウイルスは創れます

257.生ゴミ処理機は安全ですか

256.天使のような歌声と心をもった人達

255 「なにかおかしいぞ、日本」私の主張−7

254.日本は水が豊富か

253. 病名に名を残した医師シェーグレン

252. 空気清浄機は役に立つウイルスまで取り除きますか

251. 夏目漱石の診断書

250. アロマセラピーと抗菌作用

249. 新しいウイルスによる脳炎

248. 暁の方向指示ランプ付きサイドミラー

247. ブルセラ菌とは

246. 子供に多い下痢の原因ウイルス

245. 家畜飼料への添加物について

244. 生きているウジを用いる新しい生物手術

243.家庭でできる食中毒予防のポイント

242. 汚水の処理で下痢ウイルスは殺せますか

241.「なにかおかしいぞ、日本」私の主張−6

240.ジェット水流式循環風呂とレジオネラ菌

239.睡眠時間と学業成績

238.口蹄疫は人にうつりますか

237.台風でウイルスが飛んでくる

236. ペスト菌発見の陰の立役者ラウソン博士

235. 唾液とインターフェロン

234.「なにかおかしいぞ、日本」私の主張−5

233.ネズミや馬の毛が喘息に関与

232.メイステル氏を美談の主にした狂犬病

231.胎児に感染するウイルス

230.狂牛病の国内流入を阻止

229.「なにかおかしいぞ、日本」私の主張−4

228. 破傷風と長塚節著「土」

227.エコノミークラス症候群

226.冬に多い下痢症の原因ウイルス群

225.「なにかおかしいぞ、日本」私の主張−3

224.コーヒーの効用

223.「なにかおかしいぞ、日本」私の主張−2

222. 病院内トイレの消毒

221. 学級崩壊と国会崩壊の違い

220. 猫ひっかき病

219. 木酢は美容と健康に好い?

218.航空機内での心臓発作の予防法

217.コーヒーとリウマチの関係

216.「なにかおかしいぞ、日本」私の主張−1

215.ノーベル賞授賞式に出席して

214.水道水がピンク色になる

213.生殖器に潰瘍があるとHIVが増大

212.雪印乳業集団食中毒事件のその後

211. シャンプーで肌荒れ

210.生ゴミ処理機の問題点

209. なにかおかしいぞ、日本!

208.コンタクトレンズの洗浄保存液の細菌学

207.オーラルセックスは安全か?

206.アトピーを予防する法

205.集団食中毒事件の経済学

204.雪印乳業事件の反応

203.雪印乳業汚染事件の謎を推理する

202.ハムからO157検出は誤診断

201.洗濯で感染する?

200. 明治細菌学の写真

199.HIVが陽性である母親の母乳は危険か?

198.クラミジア感染と動脈硬化

197.マスコミでの科学番組

196.強酸性電解水と弱酸性電解水

195.頭痛と気象条件

194.カロチンは大腸ガンの予防に有効

193.子供に多い病気

192.呼吸器のウイルス感染

191.水筒の細菌汚染

190.細菌の増殖と味覚

189.キュウリは骨粗鬆症の予防に役立つ

188.母乳に白血病の予防効果

187.ツケモノと微生物

186.看護婦と微生物学

185.グルコース時計の出現

184.きわめて低いインフルエンザワクチンの接種率

183.21世紀に期待される「燃料電池」

182.クサヤと魚醤油

181.高齢者へのインフルエンザ対策

180.環境科学とISO基準

179.インフルエンザで病院がマヒ

178.ガンの新しい治療法

177.は虫類のペットと手洗い

176.空気清浄機と加湿機の違い

175.「インフルエンザの経済被害」の影響

174.砂場を清潔にする砂

173. 知って得する菅原研究所

172.生カキは採取海域を表示

171.微生物学で最も重要な大発見50

170.空気や先祖を共有する地球家族

169.生カキとクリプトスプリディウム

168.ウイルス屋がウイルスにかかった

167.インフルエンザの経済的被害

166.湿度に弱いインフルエンザ

165.米国の「オウム真理教」感

164.インフルエンザワクチンのウイルス

163.大学存亡の危機の実態

162.放射能漏れ事故の報道で思うこと

161.放射能漏れ事故で思うこと

160. 家庭用生ゴミ処理機の微生物汚染

159. 花王(株)の消費者に対する姿勢

158. 大学生の学力と「罪と罰」

157. 羽毛ふとんもアレルギーの原因に?

156. 水道管にピロリ菌が繁殖の恐れ?

155. 足の臭いに悩む女性達

154. 水道水のトリハロメタンが死産に関連?

153. サソリ毒と蛇毒が新薬として有望

152.今日的感染症の原因菌

151.A型肝炎が大流行する?

150.インフルエンザ台風の猛威

149. アクセス数4万ヒット突破に感謝

148. 性行為感染症

147. 新感染症予防法が施行される

146. コンタクトレンズは清潔に保ちましょう

145. インフルエンザウイルスの名前の付け方

144.スケベエな話、HIVの感染確率

143.健康をおびやかす健康食品

142.手指を清潔にする大切さ

141.在宅介護での感染対策

140.ウォルター・リードを英雄にしたウイルス

139.マレーシアの新しい脳炎

138.疾病の国家経済に与えるインパクト

137.噴水でクリプトスポリジウムの集団感染

136.栄養士と微生物

135.水道水の殺菌力

134.インフルエンザの症状

133.インフルエンザワクチンは無効か

132.米陸軍女性新兵のクラミジア感染

131.新しいインフルエンザ対策

130.日清・日露戦争で勝利をもたらした暁の脚気菌

129.イオン式空気清浄機の性能

128.インフルエンザの病原体

127.黄熱が与えたノーベル賞と死

126. バイオ農薬による健康傷害

125.いまどんな感染症が多いか

124.前立腺癌をビタミンEが予防する

123.ストレスに勝つ楽観主義

122.母乳の恵み

121.ケネディを大統領にしたカビ

120.微生物と仲良くなる本

119. 眼科の性行為感染症と再興感染症

118.卵による食中毒

117. サリドマイドが治療薬として承認

116. エイズワクチンの臨床試験開始

115.地震のストレスで食道の筋肉がゆるむ

114.ダマシ上手は商売上手?

113.微生物学実習の続き

112.微生物学の教育

111. 破傷風菌はカワイィー

110. 薬は毒の逆

109. 子供たちの自由研究

108. 飲み水がウイルスで汚染していたら?

107. アデノウイルス7型の動向

106. 和歌山のカレー事件などで思うこと

105. 清潔な24時間風呂の楽しみ方

104. 飲酒がピロリ菌H. pyloriの感染を予防?

103. 寄生虫病が流行しだした

102. 細胞培養の基礎知識について

101. 伝染病の危険度分類

100. 24時間風呂のヌルヌルはなんでしょう?

99.エイズが確認された頃

98.水素でパンを作りましょう

97.生カキのウイルス汚染の意味

96.出血熱ウイルスは生物兵器として使える?

95.トイレに付けた飾り布

94.車の衛生学

93.賢いウイルスと愚かなウイルス

92.臭豆腐と甘納豆

91.24時間風呂は細菌学的にきれいになったか?

90.バイキンがどうしてそんなに面白い?

89.シャンプーで細菌が変異する?

88.カイワレ大根の種子にO157

87.学者の評価の仕方

86.ピロリ菌は胃ガンを起こす?

85.太陽電池と燃料電池どちらが有利?

84.ウイルスの検査入門 (各論)

83.ウイルスの検査入門 (用語解説)

82.ウイルスの検査入門 (総論)

81.卵で食中毒になるって本当ですか?

80.オシボリと薬用セッケン

79.超音波式加湿機による細菌飛散

78.便秘とヨーグルト

77.病気を起こすウイルスは何種類あるのですか?

76.ウイルス性出血熱とはどんな病気ですか?

75.豪ケアンズでデング熱流行

74.ワクチンと血清の違い

73.インフルエンザワクチンの作り方

72.トリのインフルエンザはなぜヒトに感染しにくいのか

71.臓器移植で白血病に感染

70.ウイルス性食中毒

69.新型インフルエンザは大流行するか

68.環境は病気に影響するか

67.薬が効かない結核が地球規模でまん延

66.クローン人間の誕生はいつか?

65.ウイルスはどこから来たのですか

64.ハンセン病とサリドマイド

63. お化粧の起源

62.コレラ患者が増えている

61.オシッコの出が悪い患者さんへの支援策を考えよう

60.ウイルスの意味

59.薬物の生体と微生物に対する作用の違い

58.微生物にはどんな種類がありますか

57.環境管理システムISO(イソ)って何?

56.食品製造に新安全性確認システムの導入が高まる

55.あなたの足はなぜ臭い

54.トイレなし生活と風呂なしの生活

53.口の中に百億個の細菌がいる!

52.黄熱

51.デング熱

50.競走馬と蚊とり線香

49.ウイルスによる食品汚染と品質評価

48.食中毒がわかる話

47.細菌毒素の発見小史

46.世界最強の細菌

45.細菌は食品の品質を評価する

44.赤ワインと緑茶の効用

43. フランス人のお弁当

42.トイレの臭気が気になりませんか?

41.流しの排水口は細菌の巣

40.抗菌マスクでアレルギー

39.日本はハシカの輸出大国

38.ハシカは恐ろしい病気です

37.エイズと痴呆

36.水道の蛇口はきれい?

35.サウナと温泉の細菌学

34.水泳プールの水はなぜ臭い

33.簡易浄化槽は泣いている!

32.シック・ビルディング・シンドローム(病気の建物)

31.プリオンタンパクとは?

30.ヤコブ病はヒトからヒトにどのように伝達されるのか?

29.ヤコブ病(プリオン病)とは?

28.狂牛病は人に移るか?

27.コンタクトレンズの洗浄液は汚い?

26.コンタクトレンズの扱いに気をつけて!

25.魚類の寄生虫アニサキスは激しい腹痛を起こす!

24.クリプトスポリジュウムてなに?

23.マットレスの細菌汚染

22.抗菌グッズの殺菌力

21.ワクチンの効用

20.強酸性水の殺菌効果

19.インフルエンザとマスク

18.ウイルス病は予防が大切

17.インフルエンザはなぜ流行するか

16.風邪の原因

15.新鮮魚介類と下痢ウイルス

14.輸入魚介類と肝炎ウイルス

13.クーリングタワーの冷却水

12.レジオネラ菌の特徴

11.カテキンは病原性大腸菌O157に有効か

10.トリオシンは強力な殺菌剤

9.加湿器も細菌汚染

8.雨水の利用

7.生活排水はウイルス学的に安全か

6.シャンプーの細菌汚染

5.手洗い洗浄液で手に細菌が付く?

4.浄水器も細菌に気をつけて

3.MRSA更に強力に変身!

2. 24時間風呂は本当にきれい?

1.空気清浄器の性能?