▲▲ ▼▼

2. 24時間風呂は本当にきれい? 12-24-96.

  24時間いつでも希望する時に入浴できることは、とても快適なことでしよう。湯舟の水を微生物の力で浄化しているので不思議なくらい水を交換しなくて済むので、とても経済的でもあるようです。ところが、レジオネラ菌が24時間風呂の水1ミリリットルに最大10万個も検出されるそうです。湯舟の約200リットルの湯には、約200億個のレジオネラ菌がいることになります。世間を騒がしたO157を含む大腸菌はどうなっているのでしょうか。O157が検出されたとは発表されて無いので、多分安心してもよいのでしよう。しかし、下痢をしている人は、24時間風呂を控えた方が良いでしょう。

◆1-28-97◆ペルーの日本大使公邸人質事件が新聞で大きく報道されたその日、通産省から24時間風呂製造業者へレジオネラ菌の対応成績を報告せよとの勧告が出されました。それを受けて、大手8社は、雑菌繁殖問題に安全が確認できないとの理由で製品の販売を中止すると通産省に伝えたことが1月26日の新聞で明らかにされました。一般の消費者も広告文やCMの俳優などの言語行動に惑わされる事なく、真実を確認する必要があります。不明な事は先ず最初に製造業者の窓口に、どんどんと質問をする必要があると思います。消費者は賢くなる必要があります。

◆ 追 加 ◆ 11-8-97

 最近24時間風呂を使用している方から質問が届きました。その内容の大意は、「改良型の24時間風呂を最近購入し家族全員で使っています。水は本当にキレイで、水道水と同じように浄化されている。掃除や手入れなども簡単で本当に満足しています。唯一言気になることがあります。それは、浴槽の内面にヌルヌルが付きます。このヌルヌルを取るために浴槽内面を毎日コスッテ掃除していますが、微生物の固まりでないかと思っています。もし微生物であるかと思うと、少し心配です。何でしょうか?」 というものでした。

 私は個人的に「24時間風呂は細菌学的に汚れている」ことを聞いて知っていましたので、24時間風呂は現在も使っていません。使用経験も無い者ですから、適切なアドバイスや「ヌルヌル」が何であるのかについて、お答え出来ませんと返事をだしました。この横浜在住の方は、自分から積極的に環境を汚染しないよう日常生活にも出来うる限りの注意を払い、個人で出来る環境浄化にかなり造詣の深い方であることが、言葉のはしはしより感じられました。

 この生活環境への良き理解者は、「24時間風呂は満足度の高い商品」と思うので、実際に使ってみたら良いと、私に24時間風呂の使用を推薦して下さいました。そこで、インターネットで意見や情報を交換していた方のHPを思い出しました。久しぶりでその方のHPを開いてみましたら、新しく発売された24時間風呂に関する情報を収集し、各社の商品を紹介していることに気が付きました。

 前もってお断わりして置く必要があるのですが、この情報発信人は、「24時間風呂を製造している企業」に勤務している方であります。しかし、会社人間が自社の情報を営利目的で紹介しているのでは無く、「一人の消費者の立場で」、24時間風呂は本当に危険なのかについて以前から独自に調査し、第三者の精神でその情報をHPに掲載していることを知っていました。この度自社製品に偏ることなく各社の新製品の利害得失を詳細に紹介しています。特定の製品の宣伝では決して無いことを私が確認していますので、ここにそのHPのURLを貼り付けさせて貰います。24時間風呂に危惧の念を持っている方や購入を考えている方には、良い情報源と思います。

「24時間風呂のページ」
http://www.jah.ne.jp/~t-iwt/bath.htm
です。

情報発信人にはお断わりしてあります。



▲▲ ▼▼


Copyright (C) 2011-2017 by Rikazukikodomonohiroba All Rights Reserved.