▲▲ ▼▼

21.ワクチンの効用 1-15-97.

   ウイルスは、生きた細胞の中でしか増殖できません。現在のいかなる薬もウイルスの感染している細胞と未感染の正常な細胞とを区別することができません。そのためウイルス病は、薬で治療できないので予防する以外に身を守方法はありません。ウイルス病の予防法として、ワクチンを接種して身体を免疫にしておくことが必要になります。例えば、妊婦が感染すると奇形の子供を生む危険性のある風疹や麻疹ウイルスの感染の後SSPEと言う脳のウイルス感染を起こす麻疹等は、妊娠可能な女性や麻疹の感染をうけ易い子供個人を強固に免疫にしておくことが絶対に必要てす。


▲▲ ▼▼


Copyright (C) 2011-2017 by Rikazukikodomonohiroba All Rights Reserved.