▲▲ ▼▼

23.マットレスの細菌汚染

  入院患者が利用するベットは、真っ白なシーツで覆われているので、外観的には清潔そのものである。ベットのマットレスは、少し前迄はタタミと同じくワラでできていた。その後スプリング式に代わり、現在はウレタンマットに代わって来た。素材は代わっても変わらない事は、ベットのマットレスは洗濯できないことです。何年間も洗濯もしないで色々な患者が使用すれば、時には尿や血液が付着したりすることも有り得る。マットレスの細菌付着状況を調査した結果、予想を遥かに越えた数の細菌が検出された。万が一に入院する場合は、シーツを一寸剥がしてマットレスを観察してみて下さい。相当に汚れていたら、キレイなマットレスに交換してくれるように申しでてみては如何でしょう。


▲▲ ▼▼


Copyright (C) 2011-2017 by Rikazukikodomonohiroba All Rights Reserved.