▲▲ ▼▼

31.プリオンタンパクとは? 1-23-97.

  老人性痴呆の代表であるアルツハイマー病は、クロイツフェルド・ヤコブ病(CJ病と略す)と似ていますがヒトや実験動物に移りません。CJ病を含むある種の移る病気を、脳がスポンジのようになることから伝達性海綿状脳症と呼びます。脳をスポンジ状にする原因体は、伝達性である以外電子顕微鏡でもどのような手段でも検出できません。スポンジ状の脳には、水に溶けない繊維状のタンパクのみが共通して認められます。この水に不溶性となった特殊なタンパクが増えて脳に沈着すると、脳はスポンジ状になると推測されています。この特殊なタンパクをプリオンタンパクと呼びます。研究者には極めて興味ある病気であり、また謎の多いタンパクです。


▲▲ ▼▼


Copyright (C) 2011-2017 by Rikazukikodomonohiroba All Rights Reserved.