▲▲  ▼▼

319. 浴槽からレジオネラ菌が飛散する. 6-20-2003.

24時間風呂は本当に危険.
循環式24時間風呂の普及に伴い浴槽水がレジオネラ属菌(以下レジオネラ菌と略称する)による高率な汚染があきらかにされ、浴用水の管理と監視が重要視されてきています。
 
どのような理由がレジオネラ菌汚染の原因なのかは別にして、24時間循環風呂は便利な商品であることは間違いないと思われます。家庭用風呂に子供も含め数人の家族が入ると、浴槽水中の細菌数が百万個/mlになっても珍しいことではありません。翌日また沸かしなおしすると、浴槽のお湯は「少しニゴリと奇妙なニオイ」もするようになります。ところが循環式24時間風呂では、「濁ったり臭ったり」することは滅多に無いと思います。また24時間何時でもお風呂に入れることは素晴らしいことです。これが生物膜の威力で、老人施設や保養所などで多用されている理由と思えます。
 
先般もマスコミを賑わしていましたが、ある地方に立派な保養所(正式な名称でない?) ができました。その施設を利用したお客にレジオネラ菌による数十人の感染者と数名の死亡者が不幸にしてでてしまいました。浴槽水がレジオネラ菌で汚染されていたことが原因であったようです。
 
私達がこれまでに調べた限りでは、温泉旅館、公衆浴場や保養施設などに設えてある不特定多数の人達が利用する浴槽の湯は、殆ど例外なくレジオネラ菌で汚染されていました。身体を浸す浴槽の湯がレジオネラ菌で汚染されているとすると、循環式24時間風呂は危険であることになります。
 
一部の人のみが感染する理由はなんでしょう。
例外なくとまでは言いませんが、循環式風呂の湯はかなり高率にレジオネラ菌に汚染されています。湯に存在するレジオネラ菌数は、施設ごとに少し異なります。しかし、上に述べた保養所のお風呂を利用した人の全員が感染した訳でもなく、また死亡したのでもありません。どうすると感染と未感染とに分かれてしまうのでしょうか。
 
レジオネラ菌は、呼吸器の病気、特に重篤な肺炎を引き起こします。菌を含むシブキを吸い込むことで感染が起こるのではないかと考えられていますが、証明されたわけではありません。他の多くの人達はレジオネラ菌を含むシブキを吸い込まない、一部の人が菌を含むシブキを吸い込む、吸い込んだ人の一部がお年寄りであったと仮定すると、一部の人たちが感染する可能性が理解できるのかもしれません。
 
そこでレジオネラ菌に汚染されていることが判っている家庭の循環風呂を利用させてもらって、浴槽の湯からレジオネラ菌が飛散している現象を把握する目的で実験を行いました。その結果の概要は、「240.ジェット水流式循環風呂とレジオネラ菌」に紹介してあります。今回はこれをもう少し具体的に紹介します。
 
レジオネラ菌は飛び跳ねている.
一般家庭の浴槽よりは大きく、またオゾンによる強力な殺菌装置が外付けで存在し、浴槽の湯は殺菌装置を通過してオゾンを含む泡と同時に浴槽に排出してきます。「発泡前」とは殺菌装置を稼動させていない状態を意味し、「発泡中」とは殺菌装置が稼動しシブキがでている状態を意味します。
 
レジオネラ菌数については、殺菌装置を稼動させてない状態の浴槽の湯および殺菌装置を10時間稼動させていた時の浴槽の湯では、殺菌装置はあまり有効に作用しているとの効果は見られませんでした。しかし、殺菌装置を通過して出で来る湯のレジオネラ菌は、かなり減少していました。
 
特殊な測定器具を用いて、この浴槽の表面からシブキと一緒に飛散しているレジオネラ菌の捕捉を試みました。2種類の方法を用いて検討しましたが、浴槽表面の空気からはレジオネラ菌を捕捉することはできませんでした。
 
室内環境の細菌学的な衛生状態を把握する方法のひとつに、「落下細菌法」という簡単な方法があります。この方法を用いると意外に簡単にレジオネラ菌を捕捉することができることが判りました。
 
落下細菌法は、検出したい細菌がよく増殖する寒天培地をシャーレにいれ、その寒天平板の培地を検定したい室内環境に5分間フタを開けたままで空気に曝し、寒天の表面に付着した細菌をフラン器内で増殖させ、増殖した結果としての細菌の集落を算定する方法です。
 
レジオネラ菌が浴槽の表面に飛び跳ねている状況をまとめて下の表に示します。浴槽の縁で5分間に捕捉されるレジオネラ菌数が100個を超えるのには驚きです。これは世界で最初の成績です。
 
レジオネラ菌の飛散状況
生物試料分析 26 (2): 187-190, 2003より抜粋.
試験用検体 発泡前 発泡中
浴槽湯中の菌数
 (個CFU/100ml)
殺菌装置稼動前
殺菌装置10時間稼動後
  殺菌装置からの湯
 


245,  618
185,  673
0,   15

 


未検定
未検定
未検定

 
空気中の落下菌数
 (個CFU/5 min)
浴槽の縁上
洗い場の床


32,  32,  17
4,  0,   3


132,  188,  164
3,   0,   1

循環式の風呂に入るときは、シブキを吸い込まないようにすることが重要で、そのため口や鼻まで湯に浸からない、電源を切ってシブキを立てないようにすることが必要でしよう。

▲▲  ▼▼


Copyright (C) 2011-2017 by Rikazukikodomonohiroba All Rights Reserved.