▲▲ ▼▼

3.MRSA更に強力に変身! 12-24-96.

  院内感染という新語と同時に悪役として登場した多剤耐性黄色ブドウ球菌MRSAが、最後の頼みの綱であったバンコマイシンにも抵抗性を示すようになりつつあるようです。ヨーロッパでは、ブロイラー用鶏の養鶏業では鶏の発育を促進させるために抗生物質を使用しているようで、鶏肉からこの種の耐性菌が広がる原因のようです。日本では食品衛生法で抗生物の使用が禁止されていますので、現在まではあまり多くの強力な変身MRSAが検出されてはいないようです。



▲▲ ▼▼


Copyright (C) 2011-2017 by Rikazukikodomonohiroba All Rights Reserved.