▲▲  ▼▼

476. 太極拳で高齢者の帯状疱疹を予防. 7-19-2007.
キーワード:高齢者 免疫能低下 帯状疱疹 ワクチン 太極拳
 
カルフォルニア大学(UCLA)のセメル神経科学・ヒト行動学研究所のMichael Irwin教授らは、太極拳により高齢者の低下した免疫状態が強化されることを発表した(J. Am. Geriatrics Soc.55:511-517, 2007)。
 
ここで言う太極拳とは、西洋化された非戦闘的な太極拳で、瞑想や有酸素運動の要素を取り入れ、リラクセーションを促進し易くする太極拳のことです。
帯状疱疹は、60歳を超えると約3分の1が罹り、非常に強い痛みを伴い、2型糖尿病、うつ病、うっけつ性心不全などと同等に生活機能を低下させる疾患です。
 
59歳から86歳の中高年者112例を対象に25週間以上をかけて今回の研究は行なわれました。今回の対象者は、食事、睡眠、ストレス管理などに関する教育講義を受ける健康教育群と太極拳を行なう太極拳群に無作為に分けられた。全員が試験開始16週目に帯状疱疹の弱毒生ワクチンの接種を受けた。その後、水痘帯状疱疹ウイルスに対するワクチン接種の前と後の細胞免疫のレベルを測定した。また身体機能、疼痛、活力、精神保健を評価した。
 
水痘帯状疱疹ウイルスに対する細胞免疫のレベルは、健康教育群と比較して太極拳群は約2倍と有意に高かった。太極拳のみによる細胞免疫の上昇は、ワクチン接種のみによる免疫水準とほほ匹敵した。太極拳群のワクチン接種により細胞免疫はワクチン接種後に最高となったことから、太極拳とワクチンとは相乗効果があると考えられる。太極拳とワクチン接種との組み合わせで、高齢者の細胞免疫レベルは、中年者と同等になった。高齢者の帯状疱疹の予防に太極拳が効果的で、その予防効果はワクチン接種と組み合わせることでさらに高まることが示された。
 
結論として、Irwin教授は、「この研究の成果は、太極拳にはインフルエンザや肺炎などの他の感染症に対する予防効果もあることを示唆するものであり、太極拳は他のワクチンの効果を補完する、あるいは増加させるアプローチとなるかもしれない」と述べています。細胞免疫は、健康維持に有効な手段であることは周知の事実ですが、瞑想や有酸素運動などの要素を取り入れた太極拳がどのような機構を介してワクチンに匹敵するほど強力な細胞免疫を誘導できるのでしょうか。今後の研究の成果に期待したいと思います。

▲▲  ▼▼



Copyright (C) 2011-2017 by Rikazukikodomonohiroba All Rights Reserved.